被災地の皆さま心よりお見舞い申し上げます

一週間ぶりに会社へ・・・。
話題はやはり・・・巨大地震、津波のこと。

怖いねぇ・・・。
この辺にもいつ来てもおかしくないね・・・。
テレビを見るたびに涙が・・・。

ところが・・・

子供たちは連日の震災関連のテレビに飽いてしまいキャッチで漫画を!?

不謹慎だけど麻雀をしてた・・・ああいうテレビは見たくないから。

・・・耳を疑いました。

現実を現実としてを受け止めて欲しいです。

対岸の火事ではありません。

この辺じゃなくて良かった・・・悲しすぎる言葉です。
同じことがいつわが身に降りかかるのか分かりません。

あなたと同じ年頃の子が親と離れ離れ
お母さーん!と泣きながら呼び掛けている現実から目をそむけないで・・・。

自分がどれほど幸せなのか知って欲しい。
自分は生かされている・・・ということを改めて感じます。

わが家では今一度もしもの時を話し合ってみました。

先ず・・自分の身は自分で守る
決められた避難場所に出向く。
それから・・・お互いの安否を確認しあう。

震災後お花の手入れはほとんどしていません。
あまりに現実が重すぎて・・・申し訳ない気がするのです。

夕方、有線から義援金窓口を設置のお知らせがありました。
明日は夫と二人で気持ちばかりですが届けようと思います。
Commented by milukimama at 2011-03-15 14:56 x
私も、今日買い物に行って、そこの募金箱に心ばかりか入れてきたよ。
すごく穏やかな天気で、今日は卒園式でハルも在園児で出席して
最後の鼓笛演奏を見に行って来たよ。
こんな普通の毎日が、どれだけ幸せな事なのか、奇跡なのかって
毎日、ふとした瞬間毎に考えてしまうね。。

自然の力って素晴らしいって思っていたけど
今回、改めて自然の恐ろしさを実感してしまったよ。
私達は自然の中で生かされているけれど、その自然が生命を脅かす事もあるんだね。
分かっていたつもりだけど、この現実を目の当たりにすると…辛いね。

「泣いている子がいたら抱きしめてあげてください」
ニュースで言っていたみたいだけど
生きて泣く元気があって良かった。
どうか、家族が見つかっていますように。
そう、願わずにはいられないね
Commented by shi-like-flower at 2011-03-15 15:48
milukimamaさんへ
自然は人を癒したり、楽しませたり
素晴らしさを感じさせてくれる一方で

時には思いもよらない猛威をふるうことも・・・。

自然の恐ろしさをこれ程までに見せつけられると
人間の無力さも改めて感じてしまう。

本当に怖い・・・。

ハルさんや元さん・・・同じくらいの子どもたちが
親と逢えないでいるのは特に可哀そう・・・辛いね・・・。

一人でも多くの人たちが再会出来ることを
願わずにはいられないわ。
by shi-like-flower | 2011-03-14 21:03 | Comments(2)